荒井愛花 Simejiの音声入力のCMでだるそうに音声入力している美女 | このCMの女の子誰?

荒井愛花 Simejiの音声入力のCMでだるそうに音声入力している美女

バイドゥ Simejiの音声入力「だるーいとき篇」

[CM] バイドゥ Simejiの音声入力「だるーいとき篇」

部屋でまったりと友人とLINEをしている美女。
友人はもしかしたら彼氏ができるかもしれないけど、誰なのかをなかなか教えてくれない様子。
次第にLINEを打つ指がだるくなってきた美女はSimejiの音声入力で友人とやり取り。
どんな音声もしっかりと入力してくれるのでなんとなく美女も笑顔。
すると友人からも指が疲れないのか、との突っ込みが。
最後はだるーくしながら音声入力と呟き、ソファで目を瞑る美女。

今回はこのSimejiの音声入力に出演している美女についてご紹介します♪

Sponsored Link

荒井愛花

荒井愛花(あらい まなか)
– Manaka Arai –
1992年12月10日生まれ
東京都出身
身長:151cm
スリーサイズ:75-55-81cm

荒井愛花| mer(メル) オフィシャルWEBサイト

荒井愛花 (@maaanyaka) | Twitter

Manaka Arai (24) (@maaanyaka) • Instagram

CM動画

愛花さんは現在、女優、モデルとして活躍中。
大学3年生のときにサロンの人に声をかけてもらいはじめてモデルをしたのがきっかけで活動を開始。
そこからモデルとして活躍されています。

そんな愛花さん、実は中高ではバレーボールを6年間やっていたんだそうです。
朝学校に行って朝練、授業は寝て昼は昼連、放課後はチャイムが鳴ったと同時に体育館へ。
そして帰ってからも反省や筋トレのことをノートに書き綴るほどバレーボールだ大好きだったんだそうです。
大学に入ってからもバレーボールを続けたらバレーボール以外のことをしなくなると思いバレーはやらなかったという愛花さん。
なんでも1つのことに集中すると他のことはどうでもよくなってしまうんだそうです。

しかし大学に入ってから自分に趣味がないことに気付いた愛花さんはバイトをはじめ、なんと週5~6日居酒屋でバイトをしていたんだとか。
すると今度はバイト漬けの日々に。
大学3年になってからこのままだとどこにも就職できないと思った愛花さんは一番厳しいゼミに入り、今度は意味のある大学生活になったそうです。
そんなときにモデルもはじめたのでとても充実した生活を送ったそうです。
それから12月には就活をはじめその間は撮影は一切やめてはやく撮影できるように頑張った愛花さん。
その頃には撮影がとても大好きで趣味になっていたんですって。
最後の最後で内定をもらったところで就職することをやめてモデルの道を選んだとのことです。
すごいですよね、1つのことに対する集中力。
きっと本当に毎日充実していたんだろうなぁ。

ちなみに今回のCM、寝そべりながらの音声入力とっても便利だったそうですよ。
撮影もとても楽しかったんですって。
確かにあの音声入力便利そうですよね~。
そして愛花さんが可愛い!!
ネットでも愛花さんのダルさ具合がまた可愛いと話題になっています。

様々なファッション誌にで活躍して人気の愛花さん。
海外からも注目を浴びているそうです。
そんな愛花さんの今後の活躍がますます楽しみですね♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでこのCMの女の子誰?をフォローしよう!

PAGE TOP